おすすめの転職先の業界を選ぶ5つのポイント

 

まずは、どのような業界を転職先として選べばいいのか、5つのポイントをご紹介します。

ポイント1. 規模が大きく、拡大中の業界

そこまで社会人経験を積んでいない立場であれば、ゼネラリストとしての即戦力を求められるベンチャー企業に転職することはとてもハードルが高く、万が一採用されたとしても入社後にとても苦労する場合も。

慢性的な長時間労働や給与待遇など、ベンチャー企業は労働待遇の面でも体力的にハードな企業が多いです。

ただし、短期スパンでの成長を望む場合や、若いうちに経験を積むという意味では一つの選択肢になり得ます。

特に安定を求める場合は、会社としての規模が大きく、中途入社の社員を教育する余裕や制度が整っている会社が良いでしょう

さらに、業績も良く拡大中の業界であれば、将来的な成長の機会も幅広くあり、長期スパンでの成長をみてくれます。

ポイント2. 労働環境がホワイトな業界

現在転職を考えているという方の多くは、「今の仕事が辛い」「激務過ぎて体力的にキツイ」という方が多いと思います。

しかし、せっかく転職したのにその転職先が過重労働を強いたり、残業代の未払いがあったりするブラック企業では意味がありませんよね。

そこで、転職先に選ぶべき業界としては労働環境がホワイト、つまり働きやすいかどうかも大きな基準となります

もちろん、その会社ごとにブラック寄りなのか、ホワイトなのかは異なります。

しかし、大まかな業界全体として、どうしてもブラックな働き方をせざるを得ない業界が存在することも事実です。あらかじめチェックしておきましょう。

ポイント3. 離職率が低い業界

初めての転職では、その会社や業界を外から見ているだけでは働きやすさ・労働風土は判断できないと思います

しかし、それらのものを判断できる材料があるとすれば、「離職率」です。

全ての会社が公開しているわけではありませんが、四季報などを見れば多くの大企業では離職率が掲載されています。

あまりにも離職率が高い会社や業界は、「もしかすると入社してもすぐに辞めてしまう人が多いのかもしれない」と推測することができます。

もちろん、離職率だけでその会社の良し悪しを判断することはできませんが、判断材料の一つとして確認しておきたいポイントです。

ポイント4. 未経験を広く受け入れる業界

業界によっては、未経験での転職が難しい職種もあります。しかし20代での転職であれば、これから新しい業界にチャレンジすることも可能です。

厚生労働省が発表した「一般職業紹介状況(平成30年9月分)について」によると、「建設躯体工事の職業」や「保安の職業」の有効求人倍率が非常に高くなっています。

有効求人倍率が高いということは、求職者に対してより多くの求人が流通していることを示しています。

そのため、有効求人倍率が高い業界・業種はそれだけ就職の間口が広く、転職できる可能性が高いです。

有効求人倍率が高い業界や、その中でも未経験者を広く受け入れている業界を選び、採用される確率を上げてみましょう

ちなみに、「建設躯体工事の職業」ではとび工や型枠大工が、「保安の職業」には自衛官・消防員・警備員などが含まれます。

ポイント5. 長い歴史を持っている業界

最近では10年前にはなかったような新たなサービスや企業が数多く登場しています。

そのような新しいサービスへの興味があるという方も多いかもしれませんが、初めての転職であれば長い歴史のある企業・業界への転職がおすすめです。

業界自体の歴史が浅く、人材や業績が安定していない場合、中途で入社しても放置されてしまうことが多く、極論、「自分でやるべき仕事を探してこい!」となってしまうこともあり得ます。

数社経験後や、30代以降であれば対応することができるかもしれませんが、初めての転職先としてはなかなかハードルが高いしょう。

長い歴史を持っている業界では、業務内容のマニュアル化が進んでいたり、色々なノウハウが蓄積されています

問題が起きた時の対処法もパターン化されていることが多く、業界未経験者の方でも比較的困りにくいでしょう