出会いの少ない会社

業種により出会いの多い業種とそうでない業種があります。出会いが少ないのは同性の社員が多いところです。当然といえば当然です。 

転職する場合でも、このような業種を選ぶのは問題があります。また現在そのような業種・職場なら、何らかの手を打たねばなりません。放置しておくと彼氏なしのまま、3年ぐらいすぐに過ぎてしまいます

たとえば

看護師

以前から女性の職場の代表でした。今でこそ男性看護師も増えてきましたが、それでも女性の割合が圧倒的に大きいです。

保育

看護師と同様に女性が多い職場です。それ以上に問題なのは保育士の給料が少ないことです。彼氏として付き合ってる間はそれでもいいのですが、いざ結婚となると、給料の少なさはかなりのマイナス要素になります。愛だけでは生きていけないのが現実の社会です。

教師

男女比はほぼ同じです。給料も悪くありません。ただ多忙を極めるのが辛いところです。熱心な魅力のある男性教師は授業準備・クラブ活動・学校行事・親との関係などで大変です。それに何より「書類作成」にガッポリ時間を取られます。デートの時間もないというのが実情です。その上、近場でのデートは子供達から発見されたり、親の噂になったりして、やりにくくて仕方がありません。

フリーランス

フリーランスになるのは「出会い」という意味では最悪です。そもそも人に会うことがなくなります。

ブラック企業

彼がブラック企業に転職しそうになったら、全力で止めてください、あなたもブラック企業を転職先にしてはいけません。あなたの全エネルギーが吸い取られ、ボロボロになって放り出されます。
回復できない精神的ダメージを受けます。イケメン男性がブラック企業にいたとしても、一切手を出してはいけません。

もし間違ってブラック企業に就職したら、1日でも早くやめましょう。

 

出会いの多い会社

転職するなら出会いの多い会社を狙ってください。
魚を釣るのなら釣り糸は魚がいる所にたらしますよね。
出会いを狙った転職も全く同じことです。

スーパーマーケット

男女比のバランスが良いのです。特に男性も女性も若い人が多いです。

地方公務員

何よりも遠方への転勤がないのが最高のメリットです。
「メリット」というのも少しどうかと思いますが、「27歳で結構追い込まれそうな状態」なら、この言葉のニュアンスは納得できると思います。現実的になりますよね。給料も堅実な生活をしている限り。文句ないと思います。

製造

男性が多いです。ただその会社のサイトを見るだけでは実態は分かりません。できるだけ口コミを見たり、現場を見たりしてください。男は男でも「おじさん」ばっかりということもあります。

飲食

男性女性のバランスがいい業種です。
バイト・パートが早いペースで入れ替わります。多くの男性と知り合うことができます。

その意味ではプラスなのですが、同時に「浮ついた生活をしている人」もかなりいます。その辺の見極めが大切になってきます。
彼の自宅に行って「部屋の様子」と「本棚」を見れば、一発で分かるのですが、男の自宅に行くのは危険です。
「間違った期待」をしてしまう男が多いです。

不動産会社

男性女性のバランスがいいです。受付などは女性がやっています。
しかし不動産会社に転職するなら、「宅地建物取引主任」の資格をとってからの方が良いです。
1年ほど学校に通えば取れます。もちろんそれなりの努力は必要です。

 

出会い目的の転職は非難されますか?

私は避難されないと思います

社内恋愛も非難されないと思っています。
ただ、それはこちらの立場から言っていることです。
企業にしてみれば「会社は出会いの場ではない」と言うでしょう。
もっともな話です。

2もう少し解説します

今の職場でずっと頑張ってきた。27歳になった今、恋愛の気配さえない。

努力しなかったからと言われれば大反論は出来ないけれど、それなりのことはしてきた。
とにかく周囲はおっさんばかりだったから。

このままにしていたら、間違いなく「30歳過ぎて、おばさんになっても独身のまま」

友達を見てみると、男性が多い職場にいる人はほとんど結婚している。子供までいる。
しかも職場結婚が多い。

私が「仕事と家庭を共に支え合っていくパートナーを探すための環境を求めては」いけないのだろうか!

転職するのは、そんなにいけないことなのでしょうか?

私の人生を、会社に捧げるつもりはない

「転職するな!」と言われると、「私の人生を会社に捧げなさい」と言われているように感じる。
私の人生は私のもの。私が決める。

会社は私がいなくても、他の人を入れれば済む。
会社は私に人生のパートナーを与えてくれない。

私は自分の人生を会社に捧げたら、何も残らない。

もし転職しないのなら、どうするか

同好会やサークルに入るのは、おすすめ。

若い男性が多いサークルでないといけない。
年寄りが多い所はやめておこう。ネットで調べ、実際に体験させてもらおう。

スクールやスポーツジム通いという人もいるが、なかなかの付き合いに発展しない。
そこに通う人は向上心が高い。少ない時間を捻出して、高いお金を払って来ています。
彼女が欲しいと思ってきてるわけではありません。
ただ、カラダ目的で来る男がいることは否定しません

マッチングアプリは最も男性と出会うチャンスが多いです。
うまく使えばかなり便利なものです。
危険性もよく理解した上で使ってみてください。

私は結構お勧めだと思っています。

転職理由をどう説明するか

「出会いを求めて転職しようと思っています」なんて書く人はいませんよね

正直なのはいいけれど、「バカ正直」は良くありません。
担当者だって、あなたの実力を認めても、あなたに「出会い目的」と言われたら、採用しにくいではありませんか。

出会い目的なのは「心に秘めて」担当者が採用したくなるように書きましょう。

嘘はダメですよ

 

自分のスキルを考えましょう。資格を取りましょう

この辺りのことは下の記事に詳しく書いています。

 

狙っている業界のウェブサイトを作りましょう

かなり突っ込んだところまで書きましょう。
専門書も使って書きましょう。
100記事くらい書いたら、あなたの知識も相当のものになります。

また転職理由として「この業界の御社で働いてみたいと思った」と胸を張って言えます。
サイト100記事書こうと思ったら、相当な努力が必要です。

「この業界について熱心だな」とわかります。また、そこまでやる人はそうそうはいません。
またサイトを作った知識を持った上で、「貴社を選んだ理由」を考えてください。
会社の方も納得しやすいです。